+64-27-5075-918
kohacat[at]gmail.com

ショーン・メンデスさんがLate Late Showで歌いました!

どちらが勝ち?ショーン?それともジェームス?

9月28日にショーン・メンデスさん(18)がLate Late Showに出演して、ジェームス・コーデンさんと一緒に歌いました。


ジェームス・コーデンさんが90年代の「This is How We DO It」をの曲をかけると、ショーンが、「それは古いし、いつも古い曲ばかりだね!新しい曲をかけるべきだよ。もう2016年なんだし」と言い、聴衆が笑っています。
すると、ジェームスが「でも、これらは90年代のヒット曲だし、90年代の曲は今の曲よりもいいって皆しっているよ」と反論します。

そして、ショーンが「言ってくれるね。でも本当にそうかどうか試してみようぜ」と言い、ジェームスが、「挑戦か?」というと、アカペラグループが入ってきます。そして、「警告するよ。俺は君が生まれる前から売れているんだからね」とジェームスが言うと、ショーンが、「あなたの方が年をとっているから当然だよね?」」と言います。

そして、ショーンが、カルヴァン・ハリスさんの「This Is What You Came For」を歌い、ジェームスがスパイスガールズの「Wannabe」とクリス・クロスの「Jump」を歌います。その後、ショーンがSiaの「Cheap Thrills」を歌います。

その後、ジェームスが、「多分、君が正しいよ。今の音楽の方がいいかもね」と言うと、ショーンが「僕が間違えていたかもしれない。昔の音楽の方がいいよ」と言い、ジェームスが、「今の音楽と昔の音楽が共存できる世界があるかもしれない」
と言い、二人で一緒に歌います。まず、90年代のTLCの「No Scrubs」を歌い、次に、ショーンの2015年のヒットソングの「Stitches」を歌います。

ジェームスがノリノリで面白いですね?

いかがでしたか?
いろいろコメントしていってくださいね!

Leave a Reply

CAPTCHA